皮膚科・形成外科
美容皮膚科

〒440-0837 愛知県豊橋市三ノ輪町字三ノ輪5-12

お問い合わせ TEL:0532-69-2700

けが、やけど、巻き爪、ほくろ、多汗症、あざ、など|わたなべ皮フ科クリニック

HOME

クリニック紹介

形成外科とは

診療内容

アクセス

巻き爪・陥入爪

問診票ダウンロード FORMULARIO EM PORTUGUES皮膚科 美容皮膚科
MOBILE SITE
HOME»  巻き爪・陥入爪

巻き爪とは

巻き爪とは、爪の端が正面から見ると、Cの字のように内側に湾曲した状態のことです。原因は遺伝や、先天性の変形以外に、足に合っていない靴を履き続けることや、深爪、過度の運動などといわれています。そのため靴が履けない、爪が切れないなどの悩みを抱えることになります。また痛みがひどくなると、歩行も困難となり、肩こりや腰痛などを引き起こす原因になります。軽度のうちに治療をすれば、その分早く治るので、気になったら早めに治療しましょう。

陥入爪とは

陥入爪とは、巻き爪と同時に発生するケースが非常に多く、爪の側面が皮膚に食い込んでしまった状態のことです。早めに病院で治療を行わないと、腫れや炎症だけでなく、出血や化膿することもあります。そうなると、周囲の皮膚がただれ、爪も柔らかくなるため、さらに変形が起こり、くい込むという悪循環が生じます。主に、足の親指が陥入爪になりやすい部分です。一度治療しても、根本的な原因をなくさない限り、再発することが多いので、原因を改善することが非常に重要です。

PAGE TOP