皮膚科・形成外科
美容皮膚科

〒440-0837 愛知県豊橋市三ノ輪町字三ノ輪5-12

お問い合わせ TEL:0532-69-2700

けが、やけど、巻き爪、ほくろ、多汗症、あざ、など|わたなべ皮フ科クリニック

HOME

クリニック紹介

形成外科とは

診療内容

アクセス

ケロイド

問診票ダウンロード FORMULARIO EM PORTUGUES皮膚科 美容皮膚科
MOBILE SITE
HOME»  ケロイド

ケロイドとは

ケロイドというと、やけどや放射線障害の後遺症というイメージを持たれる方が多いと思います。
ケロイドとは、すり傷や切り傷、やけどなどが治っていく過程で、皮膚が引っ張られたり、アレルギー反応が起こった場合にできる、傷跡が赤くミミズ腫れになる状態をいいます。

ケロイド種類

ケロイドには2種類あり、一つは、真性ケロイド。もう一つは肥厚性瘢痕です。

真性ケロイド

ミミズ腫れのような皮膚の炎症のことです。傷を治そうとする繊維組織が異常に増えてしまうことが原因です。しかし、なぜそのような状態が起こるのかまだ分かっていません。真性ケロイドの特徴は、半年〜数年経っているのに、症状が治らない、又は広がっていくことです。また、かゆみや痛みがあり、胸骨部、肩、上背部、上腕の外側、恥骨部のいずれかにできていることが多いです。

肥厚性瘢痕

肥厚性瘢痕は、真性ケロイドとは違い、半年〜数年で改善される・自然治癒します。周囲の健康な皮膚には広がらないのも特徴です。

治療方法

真性ケロイドの治療法にはいくつか方法があり、下記のようなものがあります。

  1. 手術で切除する
  2. ステロイド剤の注射または、ステロイド含有テープや軟膏治療
  3. レーザー治療・・・事故などでできた傷跡も、FXレーザーや外用剤によってさらに目立たなくします。
  4. 内服療法
    これらの中から複数の治療法が同時に行なわれるケースが多く見られます。
    しかし、高い効果がある一方、副作用もリスクも伴うので、理解しておくことが大切です。例えば、ステロイド剤は皮膚が薄くなり、感染症にかかりやすくなります。また、手術をしても、傷跡に新たなケロイドができる可能性もあります。真性ケロイドの治療は、必ず完治するとは言えない状況にありますが、新しい薬が開発され、より効果的な治療法が研究されています。
PAGE TOP