皮膚科・形成外科
美容皮膚科

〒440-0837 愛知県豊橋市三ノ輪町字三ノ輪5-12

お問い合わせ TEL:0532-69-2700

けが、やけど、巻き爪、ほくろ、多汗症、あざ、など|わたなべ皮フ科クリニック

HOME

クリニック紹介

形成外科とは

診療内容

アクセス

あざ

問診票ダウンロード FORMULARIO EM PORTUGUES皮膚科 美容皮膚科
MOBILE SITE
HOME»  あざ

あざとは

皮膚の一部の色がその周りの皮膚の色と違って見えるもののことです。色の違いにより赤アザ、青アザ、茶アザ、黒アザなどと呼ばれています。

赤あざ

単純性血管腫

生まれつきあることが多く、特に女の子の顔や首、腕や足に生じることが多いです。色にむらがなく、境界線のはっきりした赤いあざです。あざの面積は、成長とともに面積は減っていきますが、すべてが消えることは少ないです。他のあざとは違い、膨らんだりしていなく、平なのが特徴です。別名「ポートワイン母斑」とも呼ばれています。

いちご状血管腫

乳児がよく発症する赤あざです。毛細血管の増殖によって起きます。顔に生じることが多く、あざの部位が腫れることが特徴です。あざというより、赤いデキモノもように見えます。2歳くらいから自然に小さくなり治る場合もあります。

茶あざ

茶あざとは、茶色に見えるあざの事で別称「カフェオレ斑」とも呼ばれます。カフェオレのような茶色い色をしている点から名づけられました。医学的な正式名称は「扁平母斑(へんぺいぼはん)」です。
扁平母斑は、生まれつき下肢の付け根部分や、膝部分などに生じるケースが多く見られます。他のあざ同様メラニン色素の沈着が原因ですが、肩や胸、背中、上腕部などに現れる発毛をともなう後発性の扁平母斑もあります。自然に消えることはありませんが、悪性化はほぼないといえます。

青あざ

青あざの青はメラニン色素の色です。
「メラニン色素って日焼けで増えたり、シミを作ったりするもの?それって黒とか茶色じゃないの?」と思われるかもしれません。
メラニンは皮膚の中で存在する深さによって、色の見え方が違うのです。
皮膚の浅いところにメラニンがあれば茶色、それより深い場合は灰色、さらに深いところにあれば青っぽく見えます。

PAGE TOP