皮膚科・形成外科
美容皮膚科

〒440-0837 愛知県豊橋市三ノ輪町字三ノ輪5-12

お問い合わせ TEL:0532-69-2700

けが、やけど、巻き爪、ほくろ、多汗症、あざ、など|わたなべ皮フ科クリニック

HOME

クリニック紹介

形成外科とは

診療内容

アクセス

褥瘡(床擦れ)

問診票ダウンロード FORMULARIO EM PORTUGUES皮膚科 美容皮膚科
MOBILE SITE
HOME»  褥瘡(床擦れ)

床擦れの原因

人は、寝ている時や長時間同じ姿勢でいる場合、無意識に寝返りを打ったり、おしりや腰の位置をずらしたりして皮膚の圧迫を回避しています。しかし、寝たきりの人や車いすを使用している人、自分で体の向きや位置を変えられない人は、年齢に関係なく、だれにでも床ずれができやすい状態になっています。
床ずれができやすいのは、肩甲骨・おしり・かかと・肘・腰骨・太ももの付け根・くるぶしなどで、骨が突出した部分です。体重で皮膚が長時間圧迫され、血流が悪くなることで生じます。

症状のレベル

床ずれは、痛みとかゆみを伴います。しかし、感覚が鈍くなっている人は症状がひどくなっても、痛みを感じない場合があります。

床ずれは、損傷に応じて4段階に分けられます。

  • ステージ1:赤くなり、炎症が生じる
  • ステージ2:皮膚の浅い部分が失われ、表皮剥離、水疱またはその両方が生じる
  • ステージ3:皮膚の全層が失われ、脂肪層まで達する
  • ステージ4:皮膚の全層が失われ、下にある筋肉、腱、骨が露出する

床ずれによって感染が生じると、不快な臭いがすることがあります。内部や周囲に膿がみえることもあります。感染症にかかると浅い床ずれでも治療が長くなり、床ずれが深い場合は命にかかわることもあります。

PAGE TOP