皮膚科・形成外科
美容皮膚科

〒440-0837 愛知県豊橋市三ノ輪町字三ノ輪5-12

お問い合わせ TEL:0532-69-2700

けが、やけど、巻き爪、ほくろ、多汗症、あざ、など|わたなべ皮フ科クリニック

HOME

クリニック紹介

形成外科とは

診療内容

アクセス

眼瞼(下垂、内反)

問診票ダウンロード FORMULARIO EM PORTUGUES皮膚科 美容皮膚科
MOBILE SITE
HOME»  眼瞼(下垂、内反)

眼瞼下垂について

眼瞼下垂とは、上まぶたがたれさがり、まぶたが開きにくくなることで、物が見えにくい状態をいいます。発症の対象は、新生児から高齢者までと広く、原因は様々あります。
まず、眼瞼下垂は、生まれつき下垂している「先天性眼瞼下垂」と「後天性の眼瞼下垂」があります。
先天性のものが最も多く、普通は眼瞼挙筋の形成不全で起こります。右差がある場合が多く見られ、片眼性のことが多いですが、両眼性もみられます。
後天性では、加齢や老化により徐々に起こる眼瞼下垂が多いです。眼瞼挙筋の筋力低下によるもので、コンタクトレンズ・花粉症やアトピーなどで目をこすることでも生じるとされています。

眼瞼内反(逆まつげ)について

「眼瞼(がんけん)内反」とは、「逆まつ毛」と呼ばれるものの一部を指します。本来まつ毛は、眼球と反対側へカールし、眼球にあたらないように生えています。しかし、何らかの原因でまつ毛が眼球の方へ向かって角膜や結膜を傷つけてしまい、ゴロゴロしたり、涙目になったりします。ひどくなると角膜に炎症や潰瘍(かいよう)ができることもあります。
まぶたが腫れぼったい方にみられ、厚いまぶたの皮膚が内反を生じてさせてしまうことが原因です。手術で治療をし、軽いものには、美容外科で行われている、まぶたの中に糸を縫い込む「埋没法」を行います。
皮膚と皮下組織を切開して瞼板に縫い付ける「切開法」もありますが、一人一人の症状によって変わってきます。


PAGE TOP